車 買取・中古車 買取・自動車 買取 中古車検索・自動車オークション 電話番号
車 買取・中古車 買取 無料メールでお問い合わせ
[相場検索] 車 買取・中古車 買取
車 買取・中古車 買取 安く買う
車 買取・中古車 買取 [高く売る]
格安諸経費[購入の場合・売却の場合]
2年間保証[中古車購入の場合]
自動車 売却の流れ
アイドリングをなくそう



  <    <  出品代行のメリット・デメリット

出品代行のメリット・デメリット

merit_p01
メリットも大きい中古車オークションでの出品代行ですが、デメリットもあります。メリットとデメリットの両方を理解しておくことにより、オークションで成功する確率を高めることが出来ます。

目次

  1. 出品代行のメリット
  2. 出品代行のデメリット

 

出品代行のメリット

merit_p02高く売れる!

 
一般的に、中古車の買取相場や下取り相場は、中古車オークションにおける取引相場よりも低く抑えられています。買取店としても中古車オークションでの売却金額が買取・下取り時の価格よりも安くなってしまうと損をすることになるわけですから、当然の話です。

 
逆の立場から考えると、中古車オークションにおける取引相場は、常に買取相場や下取り相場よりも高くなるということになります。つまり、中古車オークションで車を売却すれば、買取や下取りよりも高く売れる可能性がぐんと高まるわけです。

 
中古車オークションで車が高く売れやすい理由は大きく分けて二つあります。一つ目は中間マージンが少ないこと。一般的な買取や下取りの場合、中古車1台につき数十万円のマージンがかかることが少なくありません。これらのマージンは車を売却したいと考えている一般客にとっては有害以外の何物でもありません。その点、中古車オークションならば発生する中間マージンは代行業者や中古車オークション業者に支払う分だけ、数万円~10万円程度で済みます。中間マージンが少ない分、当然最終的に高く売れる可能性が高まります。

 
もう一つの理由は、オークションなので競争が生まれるということ。通常、買取店に買取を依頼した場合は競争は生まれません。渋い査定をした業者に対して、別の買取店に売ろうかと思っていると伝えれば多少は買取額を値上げしてくれることもあるかもしれませんが、大幅な値上げは期待できません。

 
その点、中古車オークションでは常に競争があります。しかも、オークション代行業者が直接入札で競り合いますから、うまくはまれば値段はどんどんアップしていきます。中古車オークション会場には日本全国の仕入れ担当者が集まってくるわけですから、彼らの心に響くような中古車が用意できれば、あとは何もしないでも入札が青天井で伸びていきます。

 
もちろん、中古車の価格が新車を超えるようなことはないですが、それでも買取店で売るよりはほぼ確実に高値で売却することが出来ます。具体的に買取店と比べると何万円くらい高く売れるのか、と聞かれると難しいのですが、一般的に中古車買取店の1台あたりの粗利は10万円以上であることが多いです。一方、中古車オークション代行業者の1台あたりの利益は3万円程度なので、少なくとも差額の7万円程度は上乗せされることが多いようです。場合によっては10万円、あるいは20万円の差が付くことも珍しくありません。20万円は大卒の初任給とほぼ同等です。1カ月分の給料と同じ額がまるまる上乗せされるなんて、素敵な話だと思いませんか?

 
ただし、中古車オークションで車を高く売る際にはそれなりの工夫が必要です。まずは、車内やトランク類の掃除はきちんとしておきましょう。特に自動車の足回りはゴミが非常にたまりやすいので、きちんと排除しておく必要があります。出来ることならば掃除機で吸ってしまうほうがいいでしょう。

 
さらに、車内についたにおいも取っておくようにしましょう。においは他のにおいで上書きするのではなく、脱臭剤などを使ってにおいのもとを断つ必要があります。車の中のにおいは長年乗っていると感覚が麻痺して気が付きづらいものですが、実は相当きついです。自分の車のにおいに慣れきってしまって、においがあるのかないのかわからないという場合には、友人に載ってみてもらうといいでしょう。

 
内装がきれいになったら次は外装をきれいにします。ボディの汚れなど、落とせる汚れはきちんと洗車しておきましょう。また、車の傷に関しては、自分で市販の傷消し用品を使って治せる程度のものについては消しておいたほうがいいでしょう。ただし、自分ではどうにもできないほど大きな傷の場合は、そのままにしておいても構いません。傷を治すためにかかった金額以上に売却額がプラスされることはまずないので、触らないほうが最終的には得になります。

 
落札価格を知ることが出来る

 
中古車買取店で売却した場合は通常、自動車がその後中古車オークションでいくらで売れたのかを教えてもらうことが出来ませんが、中古車オークション出品代行ならば落札額を教えてもらうことが可能です。優良なオークション代行業者はオークション会場が発行した正式な書類を通じて落札額を教えてくれますので、信頼が出来ます。

 
消費税の支払いが受けられる

 
中古車オークションでは、売却者が直接消費税を受け取ることが出来ます。現在の消費税は8%ですので、実質的には売却額が8%アップするようなものです。もし仮に100万円で売れれば、8万円を追加で受け取ることが出来ます。この差は大きいです。

 
名義変更が確実

 
中古車オークションはオークション会場が定めたルールにのっとって運営されていますので、名義変更は確実に終わらせてくれます。多くの落札代行業者は名義変更を有償で行っていますので安心です。もし名義変更が遅れた場合には、違約金が支払われることがあります。

 
本当に欲しがっている人に買ってもらえる

 
中古車オークションはインターネットを通じて全国からの参加が可能なので、本当にその中古車を欲しがっている人に中古車を売却することが出来ます。売却した中古車がその後どのような使われ方をしているかが気になるという方は多いかと思いますが、中古車オークションならば購入後に丁寧に乗ってくれるオーナーが探しやすいです。

 

出品代行のデメリット

merit_p03いくらで売れるかわからない

 
中古車オークションではオークションが終了するまさにその瞬間まで、いくらで売れるかが確定しません。中古車買取店での買取の場合には査定の時点で金額が確定しますが、中古車オークションにはそれがないので不安に思う方もいらっしゃると思います。

 
しかし、過剰に心配する必要はありません。良い中古車オークション出品代行業者は車の市場価値というものを良く知っていますので、最初にその車がオークションでどの程度の値段で売れるかという予測を立ててくれます。その予測はもちろん外れることもありますが、たいていは当たります。

 
また、中古車オークションは予想より安く売れてしまうかもしれないデメリットがある反面、予想より高く売れるというメリットもあります。安く売れてしまうというリスクは、売り切り価格(オークションの前に定める最低落札価格)を少し高めに設定することによって小さくすることが可能です。不確実性が高いと言ってしまえばそれまでですが、そのリスクに見合ったリターンは十分にあるといえます。

 
初回出品では売れない中古車がある

 
オークションでは当然人気のある中古車は売れますし、人気のない中古車は売れないのですが、人気のある自動車だからと言って必ずしも売れるわけではありません。たまたまその人気のある自動車を欲しがっている人がオークションに参加していなければそれまでです。

 
売れる確率に関する正確なデータが少ないのですが、大手の中古車オークション会場、USSが発表したところによれば、2013年4-12月期(第3四半期)のグループ中古車オークションの成約率は65.3%だったそうです。大体3台に2台が売れて、1台が売れないという計算になります。

 
こうしてみると成約率は結構高いように感じますが、もっと小さなオークション会場では成約率が4割程度のところもあります。なんにせよ初回出品で売れないことは珍しいことではないので、一度売れなかったぐらいでそこまで落ち込む必要はありません。

 
何回出品しても売れない中古車がある

 
輸入車や過走行車、修復歴車などはなかなか売れにくい物です。特に高級な輸入車はなまじ高い上にユーザーが限定されるため、落札に時間がかかる傾向があります。最近は輸入車のみを対象とした中古車買取店なども存在していますので、そちらを利用したほうがいいかもしれません。

Copyright カーオークション.JP all rights reserved.