車 買取・中古車 買取・自動車 買取 中古車検索・自動車オークション 電話番号
車 買取・中古車 買取 無料メールでお問い合わせ
[相場検索] 車 買取・中古車 買取
車 買取・中古車 買取 安く買う
車 買取・中古車 買取 [高く売る]
格安諸経費[購入の場合・売却の場合]
2年間保証[中古車購入の場合]
自動車 売却の流れ
アイドリングをなくそう



  <    <  オークション出品代行

オークション出品代行

daikou_p01
中古車オークション出品代行は、中古車買取店よりも高く売ることが出来るサービスとして、今注目を集めています。その仕組みやメリット・デメリット、売却までの流れを軽く説明していきます。

 

目次

  1. オークション出品代行とは
  2. オークション出品代行までの流れ
  3. 出品票のみかた
  4. 出品代行のメリットとデメリット

 

オークション出品代行とは

中古車オークションにおける出品代行とは、中古車オークションに参加する権利を持つ業者に、自分の車をオークションに出品してもらうように依頼することです。

 
通常、中古車を売却する際には中古車買取店を利用することが多いかと思いますが、中古車買取店を利用した売却というのは、実はあまり賢いやり方ではありません。

 
実例をもとに考えてみましょう。あなたは中古車を売りたいと思い、中古車買取店Aを利用することにしました。Aは中古車を50万円で買い取ってくれると言ったので、あなたはその値段で売却することにしました。あなたは50万円を手に入れて満足するかもしれませんが、実はこの車、中古車オークションならば70万円で売れていたと知ったら、ものすごい損をした気持ちになるでしょう。

 
実際、中古車オークションでの売却額が中古車買取店の売却額よりも10万円~20万円以上高くなることは珍しくありません。ほとんどの場合において、中古車オークションを利用したほうが最終的に手に入れることが出来る金額は多くなるのです。

 
その理由を考えてみましょう。中古車買取店は買い取った自動車を、別の中古車販売店に売却したり、あるいは中古車オークションに出品したりして、その売却額と買取額の差額を利益としています。

 
先程の例でいえば、50万円であなたの中古車を買い取ったAは、70万円で中古車販売店のBに中古車をオークションで売却します。こうすることにより、Aは20万円の利益を確保することが出来ます。Bはその後店を訪れた客Cに対して85万円で中古車を売却します。こうすることにより、Bは15万円の利益を確保することが出来ます。

 
この場合、懐に入る金額はあなたが50万円、A社が20万円、B社が15万円です。しかし、中古車オークションに出品した場合はまた勝手が違ってきます。もし仮に中古車オークションに出品して、Cが直接70万円で落札したとしたら、貴方の懐には70万円が入ります。中古車買取店を利用するよりも20万円も得をしたわけです。しかもCも中古車販売店を利用するよりも15万円も安く買うことが出来ています。一方、A社とB社はあなたが中古車買取店を利用していれば入ってきたはずの利益をまるまる失うことになります。

 
つまり、中古車オークションとは一般の売却者と買取者が得をして、中古車業者が損をするという仕組みなのです。中古車オークションというものがいまいちメジャーになり切れない理由はここにあります。中古車オークションというものが有名になればなるほど業者は損をするわけですからね。わざわざ自分が損をするために宣伝する人はいません。

 
しかし、貴方はそんなことを気にする必要はありません。あなたはあなたの利益を最大限大きくするために中古車オークションを利用すればいいのです。中古車が高く売れるオークション出品代行で、お得に車を売却してみませんか?

 

オークション出品代行までの流れ

daikou_p02

さて、中古車オークション出品代行がいかにお得なものなのか理解いただきましたところで、ここからは実際に中古車オークションに参加する方法について説明したいと思います。

 
出品代行に当たっては、まずは中古車オークション出品代行業者を選ぶ必要があります。中古車オークションに参加できるのは資格を持つ業者だけですので、我々一般人が参加することはできません。資格を持つ業者に手数料を支払って代わりに売却してもらい、売却額から手数料を差し引いた額を受け取ります。手数料は通常数万円程度です。中古車オークションでの売却額はほとんどの場合において、中古車買取店で売却した場合より10万円以上高くなりますので、手数料まで勘案してもオークションの方が7~8万円程度お得になります。

 
業者は必ず自宅の近くにあるところを選ぶようにしましょう。近年は通信機器の発達により、遠方の業者に依頼することも不可能ではなくなったのですが、自動車を売却する際にはたくさんのお金が動くのですから、やはり実際に顔を突き合わすことが出来る業者に依頼したほうが安心です。

 
業者選びが終わったら注文を出します。注文はホームページから行えることもありますが、電話やメールの場合もあります。
それが終わったら契約書を取り交わし、必要な書類を用意します。必要な書類は車検証、委任状、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書などです。ない場合はいずれも再発行が可能ですので、売却前に再発行を済ませておきましょう。

 
必要な書類がそろったら、いよいよ納車を行います。納車の際には自分で中古車オークション会場に自動車を持ち込んでもいいのですが、有料で陸送業者に依頼することも可能です。忙しい場合には利用してもいいでしょう。

 
それが終わると出品票が送付されてきます。出品票については後述します。

 
落札には業者からメールや電話でいくらで売れたかの報告があります。後は代金振り込みと名義変更終了の連絡をもらって、すべての手続きが終了となります。面倒な手続きはすべて業者に依頼することが出来るので、とっても楽ちんです。

 

出品票のみかた

出品票とは、中古車オークションの会場が発行する、中古車の状態が記入された表です。中古車オークションでは通常、出品前に中古車オークション会場に所属する検査員が中古車の状態のチェックを行います。出品票には検査員の判断により、内装や外装の状態、オプションの有無、評価点などが記入されます。

 
評価点とは中古車の総合的な状態を点数で示したものです。評価点は通常、S点が最も高く、以下状態が下がるにしたがって6点、5点、4.5点、4点・・・と下がっていきます。一番状態が悪い中古車には1店がつきます。また、修復歴車にはR点という点数がつけられます。

 
この点数は当然高ければ高いほど、売却額が高くなりやすいです。ただし、場外が良い中古車が必ずしも高く売れるとは限りません。いくら状態が良くでもその車種自体が不人気ならばあまりいい値段は尽きませんし、逆に多少状態が悪くてもその車種自体が人気ならば、いい値が付きます。

 
出品票を記入するのは、落札側とも売却側とも直接関係のない第三者である中古車オークション会場の検査員なので、出品票に記載されていること自体は信頼性が高いです。ただし、検査員も人の子ですから、時にはチェックミスを犯すことがあります。それを穴埋めするのが現車下見です。

 
現車下見とはオークションの直前に落札業者が実際に自動車を目で見て確認する行程のことです。現車下見では自動車に実際に載ることが出来るほか、キーを回してエンジンのかかり具合やオプションの動作などをチェックすることが出来ます。出品者側から見た場合はこの現車下見をいかにうまく乗り切るかがポイントとなります。

 
落札業者の心証が良くなるように、出品前に車の中をきちんと掃除しておく、においがきつい場合は脱臭剤で消すなど、高く売るための努力を忘れずに行うようにしましょう。

 

出品代行のメリットとデメリット

daikou_p03

出品代行の一番のメリットは、なんといっても高く売れることです。通常の中古車買取店に販売するよりも、少なくとも7万円以上高値が付くことがほとんどです。また、手続が楽だというのもメリットです。面倒な書類の集め方などは代行業者が詳しく教えてくれますので、初めて車を売却する際にも中古車オークションはお勧めです。

 
デメリットは落札の瞬間まで自動車がいくらで売れるかわからないということ。ただ、ほとんどの場合中古車買取店で売却するよりも高く売れるので、過剰に心配する必要はありません。

Copyright カーオークション.JP all rights reserved.