車 買取・中古車 買取・自動車 買取 中古車検索・自動車オークション 電話番号
車 買取・中古車 買取 無料メールでお問い合わせ
[相場検索] 車 買取・中古車 買取
車 買取・中古車 買取 安く買う
車 買取・中古車 買取 [高く売る]
格安諸経費[購入の場合・売却の場合]
2年間保証[中古車購入の場合]
自動車 売却の流れ
アイドリングをなくそう



  <    <  車売却前に脱臭は必要?

車売却前に脱臭は必要?

smell_p01
車のにおいを取る方法はたくさんありますが、どの方法にもそれぞれ長所と短所があります。自分の車のにおいの状況に応じて、適切な方法を選んでください。

 

目次

  1. こまめに掃除する
  2. 脱臭炭を使う
  3. コーヒーのかすを使ってにおいを消す
  4. 重曹を使う
  5. 芳香剤を使う
  6. エアコン消臭剤を使う
  7. フロアマットを洗う
  8. 加熱蒸散型の消臭剤を使う
  9. 業者に依頼する
  10. まとめ

 

こまめに掃除する

一番大事なのがこれです。物事を成し遂げるには日々の積み重ねが大事ですが、それは脱臭も同じです。こまめに掃除しておけば、それだけ室内にたまるにおいの量も少なくなります。最低でも1週間に1度くらいは車内を軽く清掃するようにしましょう。また、タバコを吸っている場合はまめに吸殻を捨てるようにしましょう。

 

脱臭炭を使う

smell_p02脱臭炭は車のにおいを除去する基本アイテムです。脱臭炭の周りには小さな穴が開いており、この穴ににおいの成分が吸着します。

 
脱臭炭はカー用品店やネットショップ、あるいはアマゾンなどの通販サイトで簡単に手に入れることが出来ます。使い方もただ車内に置いておくだけでOKですので、これと言った手間もかかりません。

 
ちなみに、炭の種類には活性炭、備長炭、豆炭、竹炭などがあります。一般的にカー用品店などで売られている脱臭炭は活性炭であることが多いのですが、活性炭はにおいを摂る能力があまり高くありません。本格的ににおいを取りたい場合は備長炭を使うことをおすすめします。

 
備長炭は燃料店などで購入することが出来ます。脱臭炭の適量は大体6畳一間で1kgといわれています。車はそんなに大きくないですから、その半分の500gぐらいでも十分な効果を発揮してくれることでしょう。

 
なお、備長炭を使ってもすべてのにおいが取り除けるわけではありません。脱臭炭は軽度から中程度のにおいを除去するのには有効ですが、あまりにきついにおいは除去しきることが出来ません。

 
ちなみに、あまり知られていないことですが、炭は再利用が出来ます。しばらく使ったら沸騰したお湯でしばらくゆでて天日干しして乾かすと、またにおいの吸着力が戻ります。この方法で大体3回くらいは使えますので、1回使ってしまったからと言って捨てるのはやめましょう。

 

コーヒーのかすを使ってにおいを消す

コーヒーかすには脱臭効果があります。抽出が終わったコーヒーは捨てずにとっておきましょう。湿った状態ではあまり効果がないので、天日干しなどをして十分に乾かしてください。屋外にスペースがないという場合には、フライパンでいためたり、電子レンジで乾かしたりしてもOKです。

 
コーヒーかすが乾燥したらガーゼなどにくるんで、車内に置いておきましょう。これだけでそれなりに効果を発揮します。

 
この方法の優れたところは、日常で出るごみを再利用するのでお金がかからないということ。もともといらないものを使っているのでお財布に優しいばかりでなく、環境にも優しいです。

 
また、この方法はタバコのにおいを消すのに適しています。灰皿の中にコーヒーかすを敷き詰めておくと、あのタバコのいやなにおいが消失してしまいます。使用後は灰とコーヒーかすをまとめて捨ててしまえばOKです。

 
ただし、この方法でもすべてのにおいが取り除けるわけではありません。コーヒーかすも軽度から中程度のにおいを除去するのには有効ですが、あまりにきついにおいは除去しきることが出来ません。

 

重曹を使う

重曹は料理に使うものですが、消臭効果が優れていることから掃除にもよく使われます。重曹を水に溶かして、それをスプレーで吹き付けるだけで嫌なにおいが消えてしまいます。車だけではなく冷蔵庫や靴箱などのにおいを取るのにも有効ですので、家の中にスプレーを一台キープしておくといいかもしれません。

 
注意点としては、アルミ素材に使ってはいけません。重曹はアルミ素材を変色させますので、絶対に近づけないようにしましょう。

 

芳香剤を使う

芳香剤にはいろいろな香りのものがありますが、あまりにおいがきつすぎないものを選ぶようにしましょう。芳香剤はもともと別のにおいで嫌なにおいを上書きするという性質のものです。ただ、あまりににおいの強い芳香剤を使うと、もともと車内にこびりついていたにおいと、芳香剤のにおいで余計に変なにおいになってしまうことがあります。なるべくにおいが弱い(それでいて最低限の効果がある)ものを選びましょう。

 

エアコン消臭剤を使う

カーエアコン周りは特に匂いの元となりやすいので注意が必要です。エアコンの中にカビが発生するとその匂いが車内中にまき散らかされますので、そうなる前に対策を練る必要があります。エアコン消臭剤を使えば、ある程度においを消すことができます。

 
カーエアコン消臭剤はカー用品店などで買うことが出来ます。10分程度の消臭と5分程度の換気ですべての作業が終わるので、面倒くさがらずに定期的に消臭を行うようにしましょう。

 

フロアマットを洗う

フロアマットは定期的に掃除機で吸うだけでなく、時々洗濯もしなければなりません。とはいっても、洗濯機を使う必要はありません。水と洗剤を混ぜた液体にしばらく漬けて、洗い流して日当たりの良い場所で干せばOKです。また、あまりににおいがきつい場合は前述の重曹を使ったスプレーを吹き付けても良いでしょう。

 

バルサン型の消臭剤を使う

ゴキブリ退治でもおなじみのバルサン剤ですが、バルサンタイプの消臭剤は実はかなりの効果を発揮します。バルサンタイプの消臭剤もカー用品店で買うことが出来ます。車内を乾燥させてからバルサンを焚けば、たいていのにおいは取れるはずです。しばらくは薬品のにおいがすることもありますが、数日もすればそれもなくなるはずです。

 
バルサンタイプの消臭剤の利点は、消臭と除菌を同時に行えること。一度の作業で消臭と除菌という面倒な作業がいっぺんに終わってしまうので、ずぼらな人に向いています。

 

加熱蒸散型の消臭剤を使う

加熱蒸散型の消臭剤とは、消臭効果が隅々にいきわたる消臭剤です。車内全体に細かい煙が撒かれ、その煙がにおいを吸い取ります。細かい煙なので、人の手が届かないようなところにもきちんと入り込み、においを除去してくれます。

 
消臭剤にはメーカーの純正品と社外品がありますが、効果はどちらでも大して変わりありませんので、気に入った方を使えばいいでしょう。効果は数カ月で切れてしまいますが、その間に査定を済ませてしまえば問題ありません。

 

業者に依頼する

においの発生から相当時間が経っていたり、においがあまりにもきつすぎたりする場合は、上記の方法ではにおいがとり切れないこともあるかもしれません。そのような場合はプロに任せてしまってもいいでしょう。消臭の費用は業者によってまちまちですが、たとえばカーセンサーの場合は軽自動車・コンパクトカーが5600円~、セダン・クーペが6500円~、ワゴン(7人乗り含む)が7500円~、1Box・RVが8400円~となっています。

 
いずれも1万円でおつりがくる計算になります。ただし、この費用の分だけ買い取り額に上乗せされるかというと正直微妙なところです。査定の直前にやるようなことでもないと思いますし、業者に依頼するのは最後の手段だと思っておいた方がいいかもしれません。

 

まとめ

smell_p03このように車の脱臭方法には様々なやり方があります。特にお金がかからないのはコーヒーかすを使ったやり方です。もともとコーヒーを飲む過程では実質的に費用ゼロで行うことが出来ます。

 
コーヒーを飲まない家庭の場合には脱臭炭や重曹を用いた方法がお勧めです。これらは化学物質などを使わないので人体にも優しいですし、価格も安いのでお財布にも優しいです。

 
もしこれらの方法だけではにおいが取れないという場合には、より強力で高価なエアコン消臭剤やバルサン型消臭剤を使ってもいいでしょう。ただし、あまりにお金をかけすぎると、当初の目標だった高く売ることから外れて言ってしまいますので気をつけてください。

Copyright カーオークション.JP all rights reserved.