車 買取・中古車 買取・自動車 買取 中古車検索・自動車オークション 電話番号
車 買取・中古車 買取 無料メールでお問い合わせ
[相場検索] 車 買取・中古車 買取
車 買取・中古車 買取 安く買う
車 買取・中古車 買取 [高く売る]
格安諸経費[購入の場合・売却の場合]
2年間保証[中古車購入の場合]
自動車 売却の流れ
アイドリングをなくそう



  <    <  査定前の準備は

査定前の準備は

sateimae_p01
長年乗った愛車ですから、一円でも高く売りたいと思うのは人情ですが、ただ漫然と車を売るだけでは高額買取は期待できません。自動車の査定前にいろいろな工夫をすることにより、自動車を高く売ることが出来ます。

 

目次

  1. インターネットで一括見積をしよう!
  2. 直せる傷は直しておこう!
  3. 直せない傷はそのままでOK!
  4. 事故歴・修復歴はきちんと告げよう!
  5. 車検は切れていても問題なし!
  6. 外装をきれいにしよう!
  7. 内装をきれいにしよう!
  8. 必要書類を用意しよう!
  9. 誠実な対応を心がけよう!

 

インターネットで一括見積をしよう!

sateimae_p02自動車を売却する際には一店だけでなく複数の業者から見積もりをもらうのが大原則です。しかし、一件一件自動車買取店を回るのは労力がかかりますし、ガソリン代などもかかりますのでおすすめできません。

 
そこでぜひ利用したいのがインターネットを利用した無料の見積サービスです。こうしたサービスでは、1回自動車に関する情報を入力するだけで、3~10社程度から見積もりをもらうことが出来ます。インターネットでの申し込みなので労力もかからず簡単にできますし、複数の業者から見積もりをもらうことによりその自動車のおおよその相場を把握することが出来ます。

 
ただし、インターネットでの見積もりには欠点もあります。インターネットでの見積もりはあくまでも概算です。見積もりが一番高かった業者に売りたくなってしまう気持ちは分かりますが、現車査定で査定額が下がることは決して珍しいことではありません。最初から売却先を1社だけに絞ってしまうと、現車査定で買取額が大きく下がったときに困ります。

 
そのような事態を避けるためにも、売却先の候補は複数用意しておきましょう。インターネットでの見積もりが高かった上位3社ぐらいを候補として残しておけば、現車査定で査定額が下がったときに別の業者に売るという選択肢を選ぶことが出来ます。

 

直せる傷は直しておこう!

自動車の傷にも様々な種類がありますが、表面の軽い塗装の剥がれや線傷程度なら自分で直すことが可能です。

 
まずは傷の表面を、水とコンパウンドを含ませたスポンジで軽くならしましょう。そして傷と平行に直線的に磨いていきましょう。しばらく磨いたら一度スポンジをボディから離して状態を見てみましょう。まだ傷が見えるようでしたらば、もう少しコンパウンドを足してもう一度磨きます。これを繰り返していくうちに、傷は見えなくなっていきます。

 
ただし、コンパウンドは車の塗装を削っているので、常習的に使ってはいけません。車の塗装がどんどん薄くなってしまい、最悪の場合下地に達してしまうことがあります。あくまで傷が出来た時の緊急回避策として使うようにしましょう。

 
なお、コンパウンドは自動車用品店などで購入することが出来ます。コンパウンドには細目、極細、超微粒子、液体などがありますが、基本的には目の粗いものの方が補修能力は高いですが、その分車に傷をつける可能性も高くなります。初心者のうちは液体のものを利用することをお勧めします。

 

直せない傷はそのままでOK!

独力で直せる傷は上記の通り直しておいた方がいいのですが、自分ではどうにもならないような深い傷についてはお金を出してまで修理する必要はありません。確かに、自動車の傷はない方が査定額が上がるのですが、修理にかかった費用以上に査定額が上がることはまずありません。

 
仮に査定額が1万円上がったとしても、修理費用で3万円取られていたらまったく意味がないですよね。このような事態を避けるためにも、自分ではどうにもならない傷は放置しておきましょう。

 
もちろん、普段から傷をつけないようにして乗ることも重要です。傷一つない車ならばこんな仔細なことで悩む必要もなくなるのですから。

 

事故歴・修復歴はきちんと告げよう!

事故歴とは、事故を起こした履歴のあるすべての自動車を指します。それに対して、修復歴とはフレーム(サイドメンバー)、クロスメンバー、インサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、フロア、トランクフロア、ラジエータコアサポートの9カ所のいずれか1か所以上を交換、もしくは修復した自動車のことを指します。

 
どちらも事故を起こしていない自動車と比べれば査定額は落ちてしまいますが、だからと言って事故歴・修復歴を隠そうとしてはいけません。
査定士の方たちもプロですから、自動車に事故歴・修復歴があるかどうかは簡単に見抜いてきます。隠そうとしてばれてしまったら、査定士の心証が極端に悪くなります。他にも何か隠し事をしているのではないかという疑心暗鬼から、最悪の場合買取そのものを拒否されてしまうかもしれません。

 
そのようなことがないように、事故歴・修復歴は正直に告げるようにしましょう。最近は事故車や修復暦車を専門とした買取店も増えてきていますので、普通の買取店で買い取ってもらえるかが心配だという方はそちらを利用してみるといいかもしれません。

 

車検は切れていても問題なし!

車検は切れていてもまったく問題ありません。確かに、車検が残っている自動車と切れている自動車ならば残っている自動車の方が高く売れるのは事実です。しかし、車検にかかる費用以上に査定額がアップすることはまずありません。査定額が5万円アップしても、車検に10万円かかったら意味がないですよね。

 
もちろん、たまたま売ろうとしている段階で車検が残っていたのなら、それはそれで問題ありません。しかし、車検が切れている場合は入りなおす必要はなく、そのまま売ってOKだということを覚えておきましょう。

 

外装をきれいにしよう!

自動車の査定で最も重要になるのが見た目のきれいさです。前述の通り自分で直せる小さな傷については直しておくことが必要ですが、それ以外にも気をつけることはたくさんあります。

 
洗車をしてから査定をしてもらうのは車買取の基本です。洗車をして車をきれいにしておけば査定士はそれだけでこちらに対して好印象を持ってくれます。逆に、車が汚いままだとマイナス査定をされることがあります。

 
なお、可能ならば洗車は晴れた日よりも曇りの日に行うようにして下さい。晴れた日はすぐに水が乾いてしまい、水垢が出来る可能性が高まります。

 
きれいにする場所はボディだけではありません。パワーウインドウやサイドミラーなどはきちんと拭きとっておいてください。また、ルーフにある水垢や油膜などは専用のクリーナーを用いてしっかりと落としておきましょう。その他、ホイール部分やドアの下など、あまり目立たない部分についてもしっかりときれいにしておきましょう。

 

内装をきれいにしよう!

sateimae_p03外装も内装と同じくらい重要な査定ポイントになります。シート周りなどにゴミがたまっていると、それだけでマイナス査定になります。足回りに落ちているゴミは掃除機できちんと吸っておきましょう。また、シートの裏にゴミがたまっている可能性もありますので、シートははがして掃除機をかけるようにしましょう。

 
可能ならばシート自体も丸洗いしてください。シートを洗剤を溶かした水に付け込みしばらく置いてから天日干しするだけでだいぶ印象は変わってきます。

 
拭き掃除にはウェスを使いましょう。ウェスの細かい繊維が細部にまで入り込むので、軽く拭くだけできれいになります。

 
また、においがある場合には脱臭剤などできちんと取っておくようにしましょう。特にたばこを車内で吸う人、ペットを車で運ぶ人、車内で食事することが多い人などは、自分の気が付かないうちに車内にきついにおいがたまっている可能性があります。

 
脱臭は市販の脱臭剤などでも出来ますが、脱臭炭も効果があります。

 

必要書類を用意しよう!

査定前には必ず必要な書類を用意しておきましょう。必須となる書類は車検証、自賠責保険証、印鑑証明、リサイクル券などです。

 
また、必須というわけではありませんが、整備点検記録簿と説明書がある場合は査定が高くなることがあります。自分には必要のない書類だからと判断して捨ててしまわずに、きちんと保管しておいてください。

 

誠実な対応を心がけよう!

自動車の売却にはお金が絡んでいますので、誠実な対応を心がけるようにしましょう。誠意が相手に伝われば、査定額が少し上がることもあります。逆に自分が客だからと言って横柄な態度を取ると、気が付かぬように査定額を下げられてしまうかもしれません。査定員も人間であり、感情があるという当たり前のことを押さえておけば、査定額のアップが期待できます。

Copyright カーオークション.JP all rights reserved.