車 買取・中古車 買取・自動車 買取 中古車検索・自動車オークション 電話番号
車 買取・中古車 買取 無料メールでお問い合わせ
[相場検索] 車 買取・中古車 買取
車 買取・中古車 買取 安く買う
車 買取・中古車 買取 [高く売る]
格安諸経費[購入の場合・売却の場合]
2年間保証[中古車購入の場合]
自動車 売却の流れ
アイドリングをなくそう



  <    <  車の買取は事故車・故障車・不動車・水没車でも可能?

車の買取は事故車・故障車・不動車・水没車でも可能?

damaged_p01
一昔前までは事故車や故障車は単なるガラクタとしか見られていませんでしたが、最近は事故車や故障車を買い取ってくれる業者がだいぶ増えました。いい時代になったものですね。事故車・故障者だからと言ってすぐに売却をあきらめてしまうのではなく、少しでも高く買い取ってくれる業者を探すようにしましょう。

 

目次

  1. 軽度の事故車の場合
  2. 中程度以上の事故車・修復車の場合
  3. 事故車専門の買取店はこんなにお得!
  4. 中古車買取店選びのポイント
  5. 水没車の売却

 

軽度の事故車の場合

最近は軽度の事故車を買い取ってくれない業者はほとんどなくなりました。現代の自動車の修理技術は大変ハイレベルであり、以前は修理できなかったようなゴミ同然の自動車も修理して再び使えるようになりました。車を軽くぶつけてしまった場合などは、修理を施したうえで気にせず買取店に連絡をすれば、まず買い取ってもらえることが出来ます。

 
ただし、その際には必ずその車が事故車であることをきちんと伝えるようにしましょう。買取店の査定士は査定に関してはプロですから、隠そうとしてもいずれはばれてしまいます。隠していたことがばれると査定士も心証を悪くします。他にも何か隠していることがあるのではないかと疑われてしまったらもうおしまいで、高額買取は期待できなくなってしまいます。買取はあくまで正直に、誠意をもって行うようにしましょう。

 
なお、中古車買取店の利用に気が進まないという場合は中古車オークションに出品するという方法もあります。中古車オークションとはその名の通り中古車のオークションのことです。中古車オークションに参加できるのは中古車オークション会場に認められた業者だけですので、参加者の見る目は正確です。

 
中古車オークションには一般的な中古車ばかりでなく、事故車や修復歴車、水没車などのカテゴリに該当する中古車も多く出品されます。中古車オークションならば中古車買取店よりもさらに高い値段で売れる可能性もありますので、気になる方はチャレンジしてみましょう。

 

中程度以上の事故車・修復車の場合

フレームにゆがみがあったり、あるいは全面が大破したりしているような事故車は、高額買取は期待できませんが、だからと言って廃車にしてしまうのはもったいない話です。近年は事故車専門の買取店も増えていますので、そうした業者に相談するといいでしょう。

 

事故車専門の買取店はこんなにお得!

damaged_p02事故車専門の買取店を利用する一番のメリットは、普通の買取店では値段が付かなかったようなおんぼろ中古車も有料で買い取ってもらえることです。ボロボロの中古車なんか買い取ってどうするのだと思われるかもしれませんが、当然これにはわけがあります。

 
現代の車には大変素晴らしいパーツや部品が付随しています。これらのパーツや部品は自動車本体が壊れていても無事なことが多いです。これらのパーツを外して売れば、十分な利益になるのです。

 
また、中古車に使われている鉄にも価値があります。最近はインドや中国などの新興国を中心に鉄の需要が増加していることから、世界的に鉄不足が発生しています。そして中古車には良質な鉄がたくさん使われています。この鉄をスクラップにして売れば、業者は十分な利益を確保することが出来るのです。

 
また、事故車専門の買取店のもう一つのメリットとして、廃車手続をしなくていいということが挙げられます。廃車の手続きというのは思いのほか面倒なものです。永久抹消登録をする際には運輸支局まで出向かなければなりませんし、印鑑証明書やナンバープレートなどもいちいち用意しなければなりません。しかもこんなに面倒な手続きをしても、1銭の得にもなりません。

 
代行業者に依頼すれば面倒な手続きはしなくて済みますが、その分お金がかかります。廃車をするとお金か時間、少なくともどちらか一方が犠牲になるのです。売ってしまえばこんな面倒な手続きからは解放されます。

 
また、廃車をするとリサイクル料金を負担しなければならなくなってしまいます。リサイクル料金とは平成17年1月1日に施行された自動車リサイクル法に基づく料金で、自動車の最終所有者(つまり廃車にする人)が負担することになります。金額は7000円~1
8000円程度と、決して安いものではありません。こんな時は事故車専門の買取店に売り払ってしまえば、最終所有者ではなくなるので、リサイクル料金を負担しないで済みます。

 
事故車や修復暦車だからと言って廃車にしたり、あるいは下取り店に無料で持って行ってもらったりする必要はありません。せっかく大枚はたいて購入した自動車なのですから、最後まで役に立ってもらいましょう。

 

中古車買取店選びのポイント

中古車買取店選びのポイントは、実は普通の買取店選びのポイントとあまり変わりありません。最近はみんカラ(http://kaitori.carview.co.jp/jiko/)のような事故車専門の中古車買取店を対象とした一括見積サービスも増えてきていますから、そこから複数の業者に申し込んでみましょう。

 
見積が終わったら比較を行いましょう。業者ごとにつく値段はバラバラですから、その中でも高い値段をつけてくれた業者数社を比較しましょう。この時焦って一番高い値段をつけてくれた業者に売ってはいけません。インターネットでの見積もりでは高かったけど、現車見積もりをしたら査定額が大幅に下がったなんてのはよくある話です。そんなときの保険として、3番目くらいまでの業者はしっかりと押さえておきましょう。

 
次に実際に業者に見積もりを依頼しましょう。現車見積もりは一社ごとに行ってもらってもいいのですが、同時に複数の業者に行ってもらうとより効果的です。業者側も折角見積までこぎつけた話が白紙に戻るのは避けたいですから、一方の業者が少し高い値段をつけると、他方の業者が値段を釣り上げてくれることが多いです。この競争心を利用しない手はありません。複数の業者にいっぺんに診てもらって、高く査定してもらいましょう。

 
査定が終わったら業者を絞って売却することになります。売却後には必ず業者に対してお礼を述べるようにしましょう。その業者とは今後も付き合っていくことになるかもしれないわけですから、良い印象を与えておくに越したことはありません。

 

水没車の売却

damaged_p03数ある事故車・故障者の中でも特に売却が難しいといわれているのが水没車です。水没車とは文字通り、ゲリラ豪雨や津波などで沈んでしまった車のことを指します。車はある程度の冠水には耐えられるようにできていますが、それにも限界があります。特に最近は都心でのゲリラ豪雨が多く、車が水没する可能性は高まっています。

 
一度水没してしまった自動車は内部でウォーターハンマーという現象が起きてしまい、エンジンをかけることが不可能になってしまいます。水没車には細かい泥が入り込んでしまうだけでなく、においも強烈なものになります。カーナビなどの電気系統もダメになってしまいます。水没車をそのまま使い続けると、最悪の場合火災が発生する危険があります。修理するにも多額の費用が掛かりますし、泣く泣く廃車にする人も多い要です。

 
しかし、すぐにあきらめてはいけません。最近は一般的な買取店では価格がつかない車でも高く買い取ってくれる業者があります。もちろん、買取価格にはほとんど期待できませんが、それでも走りもしなくなった車をずっとガレージに置いておいたり、廃車手続をしたりするよりはずーっとお得です。たとえ1000円でも5000円でも、もう動かない自動車に値段が付けば儲けものです。すぐに廃車にせず、買い取ってくれる業者がないかを探してください。

 
なお、現在は水没車を対象とした保険がたくさんあります。車両保険に加入していれば水没時の保証も受けられることが多いです。もちろん、一番良いのはそもそも車を水没させないようにすることなのですが、海辺や河川の近く、窪地などの冠水しやすいに住んでいる場合は加入を検討してみてもいいかもしれません。

Copyright カーオークション.JP all rights reserved.