車 買取・中古車 買取・自動車 買取 中古車検索・自動車オークション 電話番号
車 買取・中古車 買取 無料メールでお問い合わせ
[相場検索] 車 買取・中古車 買取
車 買取・中古車 買取 安く買う
車 買取・中古車 買取 [高く売る]
格安諸経費[購入の場合・売却の場合]
2年間保証[中古車購入の場合]
自動車 売却の流れ
アイドリングをなくそう



  <    <  所有者はあなたになっていますか?

所有者はあなたになっていますか?

owner_p01
自動車の所有者と使用者が必ずしもイコールであるとは限りません。もし自動車の所有権が自分自身にない場合は、所有権解除と呼ばれる手続をして、きちんと自分のものにする必要があります。

目次

  1. 所有権の確認
  2. 所有権解除の方法(普通自動車・ローン完済済みの場合)
  3. 所有権解除の方法(軽自動車・ローン完済済みの場合)
  4. 所有権解除の方法(ローン未完済の場合)

 

所有権の確認

自動車を廃車にしたり、あるいは売却したりするときには、所有権を確認する必要があります。車に限った話ではありませんが、所有権が他人にあるものを勝手に売ったりスクラップにしたりすれば、当然問題になります。

 
「自分で運転しているんだから、所有権は確認するまでもなく自分にあるに決まっている」と勘違いしてはいけません。自動車の所有権は必ずしも使用者と一致するとは限りません。たとえば自動車をローンで購入した場合、通常その車の所有権は購入者ではなくローン会社や信販会社に与えられます。この所有権はたとえローンを完済し終わった後でも、自動で委譲されることはありません。所有権を自分のものにする際には、ローンを返し終わったうえで、所定の手続きを取る必要があります。

 
自動車を処分する際には、必ず所有権が誰にあるのかを確認しましょう。所有権の確認は自動車検査証(車検証)を見れば簡単に確認することが出来ます。車検証の所有権者欄を確認してみてください。そこにあなたの名前があれば問題ありません。その車を廃車にするも、買取するもあなたの自由です。

 
もし所有権があなた以外(ローン会社)などになっている場合は、この所有権を解除する必要があります。所有権の解除の手続き方法ついてはこれから説明します。

 

所有権解除の方法(普通自動車・ローン完済済みの場合)

owner_p02もしローンを完済している場合は、所有権解除をすることが出来ます。所有権解除に当たっては、まずは自動車税を納税する必要があります。まずは都道府県税事務所で自動車税を支払って、自動車税納税証明書を発行してもらいましょう。

 
それが終わったら所有権解除の手続きを行います。手続きに当たって必要な書類は以下の通りです。

 
印鑑証明書
印鑑証明はマンションや自動車の売買の際に必要となる書類です。印鑑を地方自治体に登録することによって、印鑑証明書の発行が可能になります。印鑑の登録をまだ行っていないという場合は、まずは印鑑の登録を行う必要があります。

 
印鑑の登録は基本的にシャチハタや三文判のような安物では認められないことが多いです。印鑑証明は車やマンションの契約と言った多額の買い物に関わってくるものですので、誰でも手に入るような印鑑だとなりすましの危険性があるからです。はんこ屋に行って自分だけのオリジナルの印鑑を作ってもらうようにしましょう。

 
印鑑証明は最寄りの市区町村役所で受け取ることが出来ます。費用は数百円程度です。また、発行の際には「印鑑登録証」または「印鑑登録カード」が必要になります。保険証や運転免許証や住基カードのような一般的な身分証明書だけでは発行できないので注意しましょう。

 
本人が申請に行くのが難しいという場合には、代理人に依頼することも可能です。この場合は委任状は不必要です。また、印鑑証明は通常1か月以内に発行されたものである必要があります。

 
納税証明書
自動車税を確かに支払っていることを証明する書類です。通常はこれも紛失することはないかと思いますが、もし万が一紛失した場合には再発行の手続きを男行わなくてはなりません。

 
再発行は管轄の運輸支局内で行うことが出来ます。車検証、印鑑を持って運輸支局に向かいましょう。費用は基本無料ですが、地域によっては有料の場合もあります。

 
車検証
通常は車の中に置きっぱなしにしてあるはずなので、紛失することはないはずです。もし万が一紛失したという場合には、ナンバーを管轄する運輸支局で再発行が可能です。再発行の費用は申請手数料、用紙代などすべて含めて500円程度です。自分で手続をするのが難しい場合は、お店に代行を依頼することもできます。

 
また、売却の前には必ず車検証の所有者を確認するようにしましょう。ローン会社やディーラーなど、本人以外が所有者となっている場合には、所有権解除(現在の所有者から所有権を譲り受ける手続)をする必要があります。ローンが残っている場合には、一括で返済して所有権解除をする必要があります。

 
譲渡証明書
自動車を譲ってもらう相手(ローン会社やディーラー)などからもらいます。旧所有者の印鑑もしくは代表印が押されていなければなりません。

 
委任状
自動車を譲ってもらう相手(ローン会社やディーラー)などからもらいます。旧所有者の印鑑が押されていなければなりません。

 
印鑑
自分の印鑑が必要です。

 
住民票
住所が変更となっている場合委は住民票が必要です。住民票は市町村役場のほか、行政サービスセンターなどでも発行することが出来ます。

 
申請書・手数料納付書
陸運支局にあります。

 
さて、必要書類がすべてそろったらいよいよ陸運支局で手続を行います。ここから先は通常の名義変更になります。陸運支局の係員の指示に従い、手続を進めましょう。

 

所有権解除の方法(軽自動車・ローン完済済みの場合)

owner_p03軽自動車の場合も基本的に手続きの方法は変わりませんが、手続する場所は陸運支局ではなく軽自動車検査協会になります。また、必要な書類が一部変更になります。軽自動車の所有権解除に必要な書類は以下の通りです。

 
軽自動車所有者承諾書もしくは軽自動車譲渡等承諾書
軽自動車の旧所有者(信販会社、ディーラーなど)が用意する用紙です。

 
自動車検査証記入申請書又は申請依頼書
軽自動車検査協会で入手できる書類です。

 
車検証・印鑑
この2点は普通自動車の場合と変わりありません。

 
軽自動車税納税証明書
軽自動車税を確かに支払っていることを証明する書類です。通常はこれも紛失することはないかと思いますが、もし万が一紛失した場合には再発行の手続きを男行わなくてはなりません。

 
再発行は市区町村役場で行うことが出来ます。普通自動車の場合と違い、特に必要なものはありませんので、手ぶらで役所に向かいましょう。費用は基本無料ですが、地域によっては有料の場合もあります。

 

所有権解除の方法(ローン未完済の場合)

ローンがまだ残っている場合、基本的に所有権解除はできませんが、売却の際には例外的に所有権解除ができるケースもあります。まずは販売店と相談してみましょう。もし仮に買取額がローン残債を上回っている場合は、所有権解除ができることがあります。その場合、売却額からローン残債にあてた残りの金額を受け取ることになります。所有権解除の面倒な手続きは販売店が代行してくれることがありますので、頼んでみるといいでしょう。

 
買取額がローン残債に満たない場合は所有権解除ができないことがほとんどですが、場合によっては出来ることもあります。もし仮に所有権解除が認められた場合、ローン残債から買取額を引いた残りのローンについては現金で一括で支払うか、もしくはローンを組み替えるなどする必要があります。

 
ただし、買取額がローン残債を下回るような状況では、基本的には売却をすべきではないと思います。一般的なローンはカーローンなどよりも金利が高いので、ローンを組み替えると長期的には損をすることが多いからです。

 
ちなみに、個人売買で所有権解除がなされていない自動車を譲り受ける場合は、まず旧オーナーに所有権解除をしてもらうようにしましょう。そしてそのあとで改めて所有権を譲ってもらいます。つまり、旧オーナーの借りたローン会社→旧オーナー→新オーナー(あなた)と所有権を2回変更するわけですね。

Copyright カーオークション.JP all rights reserved.