車 買取・中古車 買取・自動車 買取 中古車検索・自動車オークション 電話番号
車 買取・中古車 買取 無料メールでお問い合わせ
[相場検索] 車 買取・中古車 買取
車 買取・中古車 買取 安く買う
車 買取・中古車 買取 [高く売る]
格安諸経費[購入の場合・売却の場合]
2年間保証[中古車購入の場合]
自動車 売却の流れ
アイドリングをなくそう



  <    <  まだローンが残っている!

まだローンが残っている!

loan_p01
まだローンが残っているけれど、車の売却を考えている方。ローンが残っている自動車は基本的に信販会社やローン会社に所有権があるので、勝手に売ってはいけません。車に限らず、他人に所有権があるものを勝手に売ってしまってはまずいですよね。どうしても売りたい場合には、次の3つの選択肢の中から一つを選ぶ必要があります。

目次

  1. 何とかしてローンを返済する
  2. 車を売却し、その買取額でローンを返済する
  3. ローンを組み替える

 

何とかしてローンを返済する

このうち、①は最も健全なやり方です。ローンというのはそもそも貸してもらった金額以上に返済をしなければならない性質のものなのですから、しないに越したことはありません。確かに、車や家のような高額なものを現金で一括購入することはそんなことは非常に難しいのですが、できる限りどんなものも一括で購入するのが本来はベストなのです。もし仮にすでに何らかのローンを組んでいるという人も、残債はダラダラとはらい続けるのではなく、一括で支払った方が合計支払金額が少なくて済みます。

 
そんな簡単なこと言われないでもわかっているよ、とお思いかもしれませんが、頭で理解していても実際に行動に移していなければ意味がありません。今これをお読みのあなた、手持ちの金額に余裕があるのならば、一括返済をした方が最終的に支払う金額は少なくて済むのですから、今すぐ手続きをした方がいいですよ。

 
ただ、車のローン一括返済にはいくつか注意点があります。一括ローン返済はすべてのローン会社でできるわけではありません。まずは一括返済が可能かどうかをローン会社に確認しましょう。

 
また、一括返済には手数料がかかるケースがあるのです。せっかく支払額を安く抑えることが出来ても、手数料がたくさんかかってしまっては意味がありません。

 
もしこれから自動車ローンを利用しようと考えている方がいらっしゃいましたら、契約の前に一括返済が可能かどうか、その際には手数料がどのくらいかかるのかを確認しておきましょう。

 
もし一括返済が可能だとわかったら支払いを行いましょう。一括返済でどの程度最終的な支払総額を抑えられるかは場合によって異なるので何とも言えないのですが、一括ローンで損をすることはほぼ皆無ですので、一括返済が出来るくらいお金に余裕があるという人は、早目に返済してしまいましょう。一括返済はローン会社からの信頼を勝ち取ることにもつながりますので、今後再び自動車を購入してローンを組む際にも何かと有利に働きます。

 

車を売却し、その買取額でローンを返済する

loan_p02②は少々複雑な方法です。ローンがまだ残っている場合、基本的に所有権解除はできませんが、売却の際には例外的に所有権解除ができるケースもあります。まずは販売店と相談してみましょう。

 
もし所有者から所有権解除と売却の了承を得ることが出来たら、インターネットで一括査定を依頼しましょう。査定の際には1円でも高く売れるように、複数の業者に見積もりを依頼しましょう。あまり多くの業者に見積もり依頼を出すと後でいろいろと面倒なことになりますので、多くても5社~10社程度に収めておくといいでしょう。

 
見積りを受け取ったら、それを比較して、見積額が高い順に並べてみましょう。まずは見積もり金額が高い上位3社ぐらいをピックアップして、そこに現車見積もりを依頼しましょう。現車見積もりは1社ごとに行ってもらうよりも、複数の業者に同時に行ってもらった方が、競争が生まれて高い買取額が付きやすいです。

 
また、現車見積もりの前には必ず車内の清掃と洗車を行い、きれいに見えるようにしましょう。車内に異臭がする場合は脱臭剤で匂いを取り除き、個人で修復できる程度の傷がある場合には、なおしておくといいでしょう。ただし、個人では直せないような傷については、その修理代金以上に実際の買い取り金額が跳ね上がることはないので、放置しておいて構いません。

 
また、車検が残っていない場合は入りなおす必要はありません。確かに、車検が残っている自動車は車検が残っていない自動車よりも査定額は高くなりますが、車検にかかる費用と査定額の上積み分を比較した場合、前者の方が明らかに大きいため、車検を通してから売却しようとするとかえって損をすることになります。車検は残っていればいいぐらいに考えておきましょう。

 
さて、現車見積もりが終わったらいよいよ売却ですが、この際に注意しなければならないのが売却額とローン残債の大小です。もしローン残債よりも売却額が多い場合は基本的に所有権解除が可能です。たとえば、ローン残債が30万、売却額が50万円の場合は、買取店が50万円のうち30万円をローン会社に支払います。この時点であなたのローンは0になります。そして50万円から30万円を差し引いた20万があなたの手元に残ることになります。

 
問題はローン残債よりも売却額が少ない場合です。この場合でも、ローンを確実に返せる当てがある場合は、所有権解除が可能です。

 
たとえば、ローン残債が30万、売却額が10万円の場合、売却額を全部ローン会社に支払っても、まだ20万円のローンが残ることになります。この20万円を現金で支払うことが出来れば問題なく所有権解除ができます。もし払えない場合はローン会社を組み替えることによって、最初のローン会社の残債を0にし、所有権を解除する必要があります。

 

ローンを組み替える

loan_p03ローンの組み替えは基本的にはお勧めできません。ローンを組み替えるということは新たな金融機関からお金を借り入れて、最初に借りていたカーローンを返すということですが、これは不良企業の自転車操業と何ら変わりなく、決して健全なこととは言えません。

 
また、カーローンと消費者金融の金利を比較した場合、ほとんどのケースにおいて消費者金融の方が金利は高くなっています。つまり、カーローンを返済するために消費者金融で新たな借り入れを行うということは、金利の低いローンから金利の高いローンへと移ることなのです。これは長期的に見ればどう考えても損な話です。

 
一応ローン組み換えについても簡単に解説しましたが、よほどのことがない限りはローンの組み替えはすべきではありません。では、どうすればローンの組み換えを行わないで済むのでしょうか。答えは簡単で、無理な借り入れをしなければいいのです。

 
カーローンは一般的に低金利ですから、ついつい気が大きくなってたくさん借りてしまいがちですが、ローンなのですから最終的な支払額が借入額よりも多くなることには変わりありません。カーローンを組む際には、なるべく借り入れる金額を最小限に抑える必要があります。

 
そして借り入れ額を最小限に抑えるためには、普段から十分に貯金をしておくことが大事です。十分な貯金があれば車を一括購入できますし、一括購入すれば金利を支払わないで済むので、最終的に手元に残るお金は多くなります。

 
また、高い車には手を出さないということも当たり前ですが重要です。小さいころからあこがれていた車にどうしても乗りたいなど特別な理由がない限りは、車はなるべく安くて長持ちなものを選ぶべきです。また、特別な理由があったとしても、返済計画はきちんと立てることが重要です。

 
今の世の中、現在と同じ水準の収入がずっと続くとは限りません。もし万が一失職や大幅な給料ダウンがあっても耐えられるように、長期的な観点からローンを組むようにしましょう。

Copyright カーオークション.JP all rights reserved.