車 買取・中古車 買取・自動車 買取 中古車検索・自動車オークション 電話番号
車 買取・中古車 買取 無料メールでお問い合わせ
[相場検索] 車 買取・中古車 買取
車 買取・中古車 買取 安く買う
車 買取・中古車 買取 [高く売る]
格安諸経費[購入の場合・売却の場合]
2年間保証[中古車購入の場合]
自動車 売却の流れ
アイドリングをなくそう



  <    <  キズは直しておくべき?

キズは直しておくべき?

damege_p01
自動車のボディに傷があると売却額が下がることは皆さんご存知だと思いますが、では車についてしまった傷は売却前に直した方がいいのか、それともそのままにしておいた方がいいのかについてはご存知ですか?ご存じないという方は、ぜひここで正しい対処法を身に付けていってください。

 
車庫入れで車に傷をつけてしまったり、あるいは子供のいたずらでひっかき傷をつけられてしまったりしたことがある方は少なくないでしょう。このような傷は放置しておくと錆が広範囲に広がってしまいますので、自分でできる範囲のものに関してはなるべく早く修理することをお勧めします。

 
傷を修理する際には、まずはその傷の深さを調べる必要があります。もし傷がごく浅いもので、塗料が少しすれている程度の場合は、改めて塗装をする必要はありません。少し磨いてやるだけで、きれいになります。

 
まずは傷のある部分を水洗いします。そしてその部分をコンパウンドで磨きます。コンパウンドとは液体、もしくはペースト状になっている研磨剤の一種です。コンパウンドはあくまでも傷を消すものではなく傷を埋めて目立たなくするものです。使い方を間違ってしまうと余計に傷が深くなってしまうことがあるので、きちんと使う前に説明書を読むようにしましょう。また、コンパウンドには先述の通り液体とペースト状があり、また粒子の粗さにも差があります。一般的にはペースト状の方が液体よりも荒く、又ペースト状には細目、極細、超微粒子などがあります。

 
一般的に細かい粒子は研磨力が弱いですが、ボディを傷つけることもないので一般の自動車ユーザー向けです。粗い粒子は研磨力は大きいですが、使い方を間違えるとボディに傷をつけてしまうこともあるので、上級者向きといえます。自身の技術力に応じて、使い分けるようにしまましょう。

 
コンパウンドを少し(爪の大きさ程度)専用のスポンジに出して、優しく磨きます。コンパウンドが足りなくなり、スポンジが乾いてきたと感じたら再びコンパウンドを追加しましょう。磨いてはコンパウンドを足し、磨いては足し、を繰り返していくうちに、だんだんと傷が見えなくなっていきます。この際の注意点ですが、最初は目の粗いもの(細目)を使用し、傷が目立たなくなるにつれてだんだんと目の細かいもの(極細目、超微粒子目、液体)にスライドさせていってください。最後まで目の粗いものを使い続けると、傷がつく原因となります。

 
そして磨き終わったら、表面をワックスで磨いて研磨は終了です。少しすれた程度の傷はこの程度の修理でもきちんと治ることが多いので、一度挑戦してみてください。

 
damege_p02もう少し深い傷が付いた場合には、塗料が必要になります。塗料がはがれてしまった場合はそこを埋めなおす塗料を用意するのですが、その際には当然自分の車に合った塗料を使わなければなりません。車の塗料にはそれぞれ番号が付いています。これをカラーナンバーといいます。車のカラーナンバーは車体のどこかに表示されていますので、説明書に従って探してください。見つからない場合はメーカーに電話して聞いてください。

 
車に使われている塗料のカラーナンバーがわかったら、そのカラーナンバーの塗料を入手しましょう。塗料は車用品店などで購入することが出来ます。また、その際には下地塗料も併せて買いましょう。その他、サンドペーパーなどの補修グッズも必要になります。

 
必要な道具をすべてそろえたらいよいよ修理開始です。まずは水洗いをざっとして、サンドペーパーで下地を研磨しましょう。それが終わったら脱脂をして、油分を拭きとってください。次に傷のある部分以外をマスキングしましょう。マスキングとは塗料を塗りたくない部分を覆い隠すことです。塗料を塗りたくない部分に新聞紙などを張り付けて、そのうえからマスキングテープで留めるようにしましょう。

 
それが終わったらバンパープライマーをスプレーします。バンパープライマーとは上塗りをする前の下地のことです。これがないと上塗りがきちんと車体になじまないので、必ず吹き付けるようにしましょう。

 
これが終わったらプラサフ塗布します。プラサフとはバンパープライマーの上に塗る下地材のことです。バンパープライマーとプラサフの両方を塗ることによって、塗料が車体によくなじむようになります。プラサフはもともとの塗装面が見えなくなるくらいに塗ってください。

 
それが終わったら研磨をして、プラサフ麺と周囲の塗装の段差をゆっくりと馴らしていきます。それが終わったら脱脂をして、いよいよカラー塗装をすることになるわけですが、カラー塗装に当たってはいくつか注意点があります。

 
カラー塗装剤を塗る際には、必ず少し盛り上がるぐらいまで塗り付けてください。塗料は乾燥すると体積が減る性質があるので、塗り終わった段階で元の塗装面と新たに吹き付けた面が平滑になっていると、乾燥したときにぼこぼことした傷が出来てしまいます。

 
また、塗料を塗り終わったら、最後にぼかし剤を塗るようにしましょう。ぼかし剤は周囲の塗装面と新たに塗った面の境目をぼかしてくれるものです。ぼかし剤を塗りつけることにより、近くで見ても自然な仕上がりを実現します。

 
塗料を塗り終わったら、乾くまで1週間程度待ちます。完全に乾燥したら、マスキングテープを傷のあった面の上下に重ねて、サンドペーパーで研磨します。出っ張った部分を平滑にしたら、最後にコンパウンドで磨いて終了です。

 
また、線状の傷がある場合は、タッチペンを利用して修理します。タッチペンとはスプレーではなくペンで塗料を塗りつけるタイプのもので、細い傷を修理する際に重宝します。

 
戦傷の修理の方法は、通常の傷の補修方法とそれほど変わりありません。まずはコンパウンドで磨き、サンドペーパーで磨いてきれいにします。それが終わったら脱脂をして、傷の近くにマスキングテープを塗ります。そして傷をタッチペンで塗ります。線を引くように塗るのではなく、テンを何個も書くように筆を押し付けていくのがポイントです。

 
この際、塗料はなるべく厚く塗るようにしましょう。塗料は乾燥すると体積が減る性質があるので、塗り終わった段階で元の塗装面と新たに吹き付けた面が平滑になっていると、乾燥したときにぼこぼことした傷が出来てしまいます。

 
塗料を塗り終わったら、後は通常の傷と同じように処理をします。1週間ほど待って完全に乾燥したら、マスキングテープを傷のあった面の上下に重ねて、サンドペーパーで研磨します。出っ張った部分を平滑にしたら、最後にコンパウンドで磨いて終了です。

 
damege_p03さて、このようにある程度の傷ならば自分でも修理することが出来ます。傷修理のポイントは「傷が出来たらすぐやること」です。傷修理は面倒なものですが、だからと言って後回しにしていると、錆がどんどん広範囲に広がってしまいます。ダメージが大きくなる前に、必ず修理を行うようにしましょう。

 
もし車を売る段階で初めて車の傷に気が付いた場合は、それが自分で修理できる程度の傷なのかを検討する必要があります。もしここで紹介されているような軽い塗装剥がれや線状の傷の場合は、自分で修理してもいいでしょう。買い取る方はプロですから傷自体は見抜かれてしまうでしょうが、たとえ傷があってもその見た目がきれいならば買取店も十分な金額をつけてくれるので、修理しておいた方が結果的には買取額は高くなります。

 
ただし、その傷の大きさがあまりにも巨大で、とても個人では修理できないという場合には、修理に出す必要はありません。車の傷を業者に修理してもらうのにはかなりの金額が課かかります。たとえば、10cm×10cm程度の小さな傷でも、修理屋で直してもらうと50000円~100000円程度の費用がかかります。確かに、修理して傷を治してもらえば買い取り額もその分高くなるのですが、買取額の上乗せ分が修理代を上回ることはまずありません。たとえ買い取り額が30000円上乗せされても、修理代で100000円取られたら何の意味もないですよね。

 
というわけで、自分では修理できないような傷があるという場合には、放置しておいても構いません。もちろん、そんな大きな傷をつけないように乗ることが大事なのですがね。

Copyright カーオークション.JP all rights reserved.