車 買取・中古車 買取・自動車 買取 中古車検索・自動車オークション 電話番号
車 買取・中古車 買取 無料メールでお問い合わせ
[相場検索] 車 買取・中古車 買取
車 買取・中古車 買取 安く買う
車 買取・中古車 買取 [高く売る]
格安諸経費[購入の場合・売却の場合]
2年間保証[中古車購入の場合]
自動車 売却の流れ
アイドリングをなくそう



  <    <  商用車の売却

商用車の売却

commercial_p01
商用車とは、いわゆる「はたらくくるま」のことです。具体的にはトラック、冷凍車、ダンプカー、あるいは人を運ぶタクシーやバスなどのことを指します。ただし、日本の法律ではバスやタクシーなどは乗用車として扱われることが多いようです。

 
その車が商用車であるか否かを見極めるには、ナンバーを確認すればOKです。ナンバープレートの上にある3桁の数字を確認して、それがいわゆる4ナンバー、もしくは1ナンバーであればその車は商用車です。

 
また、商用車の中に社用車というカテゴリがあります。社用車とはその名の通り会社で使う自動車のことです。乗用車が社用車になることもありますが、配送が主体となる車などは商用車扱いとなります。商用車は一般的に乗用車と比べて自動車税や自動車保険などが安くなる傾向にあります。

 
商用車は我々の生活基盤を支えるうえで欠かせないものですが、近年はその環境性能にも注目が集まっています。かつては商用車はたくさん物を運べることが重視されており、環境性能は二の次だったのですが、自動車メーカーも環境負荷を少なくすることや乗りごこちを良くすることにも力を入れるようになってきています。

 
特に環境負荷が少なくなってきているのがバスです。最近はより環境にやさしい電気で動くEVバスが普及してきています。現在、京成バスや羽村市は小型EVバスを採用しており、定期的に運行を行っています。これらのEVバスは通常のバスと比べて環境負荷が少なく、しかも静かで、生活に根差した車として親しまれています。

 
その他タクシーやトラックなどにも環境負荷低減の波が押し寄せてきており、将来はさらに環境負荷が少ない商用車が一般的になっていくことでしょう。

 
commercial_p02ただし、現時点では商用車の燃費はまだ乗用車には追い付いていません。バスやタクシーなどの商用車は一般的な自動車よりも乗り心地の良さを重視する分、燃費は置き去りになることが多いようです。最近はダイハツのミラバンなど、燃費が20km/lを超える商用車も出始めていますが、それでも乗用車の燃費にはかないません。

 
商用車の中でも代表的なものが、ワンボックスタイプのバンです。ワンボックスタイプのバンは走りも安定しており、燃費もそこそこいいので人気があります。通常、10万km以上も走っているような過走行車は中古車業界では忌避されがちですが、ワンボックスタイプのバンは例外的に人気があり、かなり長く走っていても高く売れます。

 
また、バンに限った話ではありませんが、商用車は乗用車と比べて中古車の人気が高いです。商用車は長距離の運転にも耐えらえるようにボディが乗用車よりも頑丈に作られているため、長く乗っても価値が下がりにくいのです。中古の商用車を買う際に大事なのは、走行距離ではなくその用途です。頑丈でタフな車を選べば、その後の運転もぐっと楽なものになるでしょう。

目次

  1. 商用車の売却①ブルドーザー編
  2. 商用車の売却②ダンプカー編
  3. 商用車の売却③バス編

 

商用車の売却①ブルドーザー編

個人でブルドーザーを所有している人は少ないでしょうが、業者としてブルドーザーを所有している会社は多いことでしょう。ブルドーザーを対象とした買取店はあまり多くないので、売却の際にはなじみの店で買い取ってもらうことが多いかと思います。もちろん、そのようにして買取店との信頼を築くことも間違いではありませんが、この方法は金銭的にはデメリットの多い方法です。相手の言い値で売ってしまうというのは、非常にもったいないやり方です。

 
ブルドーザーを売却する際には、最初から1点に絞って交渉をするのではなく、複数の店舗に見積もりを依頼すべきなのです。ただ、ブルドーザーは運転も大変ですし、複数の業者に見積もりを出すのもなかなか大変ですよね。

 
そこでぜひ活用したいのが一括見積サービスです。ブルドーザーの一括見積はあまり有名ではありませんが、ブルドーザーをはじめとする商用車の一括見積を行っている業者はたくさん存在しています。このような一括見積を利用すれば、売ろうとしているブルドーザーを一番高く買い取ってくれる業者がぐんと探しやすくなります。

 
ブルドーザーの価格は年式が新しいものでは100万円~150万円で売れることが多い要ようです。かなり値段の振れ幅が大きいので、なるべく多くの業者に見積もりを出した方が、高値で売れる可能性が高まります。

 
こうした一括見積サービスは買取業者の方から査定に来てくれるため、買取店を回る手間も省けます。買取額をアップさせたいのならば、ぜひ一括見積サービスを利用してください。

 

商用車の売却②ダンプカー編

ダンプカーは買取業者ごとに大きく買取価格に差が付くことがあります。業者ごとに持っている販売網は違いますし、A社では50万円だったのにB社では80万円だった、なんてことは決して珍しいことではありません。ダンプカーを売る側はそのダンプカーの相場なんて知らないので、多くの場合は最初に査定を依頼した業者の言い値で売ってしまっているようです。しかし、それは大変もったいない話です。複数の業者に見積もりを依頼すれば、買取額はほぼ確実に上がります。

 
そこで活用したいのが一括見積サービスです。ダンプカーの一括見積はあまり有名ではありませんが、ダンプカーをはじめとする商用車の一括見積を行っている業者はたくさん存在しています。このような一括見積を利用すれば、売ろうとしているブルドーザーを一番高く買い取ってくれる業者がぐんと探しやすくなります。

 
ダンプカーの価格は年式が新しいものでは300万円~400万円で売れることが多い要ようです。かなり値段の振れ幅が大きいので、なるべく多くの業者に見積もりを出した方が、高値で売れる可能性が高まります。

 
こうした一括見積サービスは買取業者の方から査定に来てくれるため、買取店を回る手間も省けます。買取額をアップさせたいのならば、ぜひ一括見積サービスを利用してください。

 

商用車の売却③バス編

commercial_p03バスは新車でも普通自動車と比べてかなり高い買い物です。バスを売る際には一社にだけ査定してもらってその言い値で買うのではなく、複数の業者から見積もりをもらって売るようにしなくてはいけません。

 
そこで活用したいのが一括見積サービスです。バスの一括見積はあまり有名ではありませんが、バスをはじめとする商用車の一括見積を行っている業者はたくさん存在しています。このような一括見積を利用すれば、売ろうとしているバスを一番高く買い取ってくれる業者がぐんと探しやすくなります。

 
バスの価格は年式が新しいものでは数百万円~数千万円で売れることが多いようです。バスの種類やサイズによって値段は大きく変わるので、なるべく多くの業者に見積もりを出した方が、高値で売れる可能性が高まります。

 
こうした一括見積サービスは買取業者の方から査定に来てくれるため、買取店を回る手間も省けます。買取額をアップさせたいのならば、ぜひ一括見積サービスを利用してください。

Copyright カーオークション.JP all rights reserved.