車 買取・中古車 買取・自動車 買取 中古車検索・自動車オークション 電話番号
車 買取・中古車 買取 無料メールでお問い合わせ
[相場検索] 車 買取・中古車 買取
車 買取・中古車 買取 安く買う
車 買取・中古車 買取 [高く売る]
格安諸経費[購入の場合・売却の場合]
2年間保証[中古車購入の場合]
自動車 売却の流れ
アイドリングをなくそう



  <    <  掃除は必要?

掃除は必要?

cleaning_p01
自動車を売却する前に掃除をしておくべきだとはよく言いますが、具体的にどこをどのように掃除をすればいいのかがわからずにお困りの方も多いでしょう。今回はそんな方向けの記事です。

目次

  1. 洗車に向いている日はどんな日か?
  2. 洗車の基本手順
  3. 洗車の応用手順編
  4. 鉄粉の除去
  5. 内装の掃除

 
結論から言いますと、中古車を売却する前には掃除を行っておいた方がいいでしょう。もちろん、中古車を売却する予定がない段階からまめに掃除を行っておけば、より査定額はアップします。売却直前になってあわてるのではなく、日ごろからまめに清掃をしておくことが大事なのです。

 

洗車に向いている日はどんな日か?

cleaning_p02洗車を雨の日に行う方はいないでしょうが、晴れの日と曇りの日ではどちらがより洗車日和といえると思いますか?

 
答えは「曇りの日」です。晴れた日の洗車は確かに気持ちいいのですが、晴れていて気温が高い時に直射日光のもとで洗車をすると、水や洗剤がすぐに乾いてしまいます。水が乾くと残留物が乾いた水と交ってしまい、イオンデポジット(ウォータースポット)という汚い残留物がボディにこびりついてしまいます。これらの残留物はボディにぴったり張り付いていて、しかも放置しておくとボディが陥没してしまいます。炎天下はイオンデポジットが最もできやすい環境なので、太陽の元での洗車は極力避けるようにしましょう。

 
また、カーワックスやコーティングは高温時にはムラができやすいので気をつけましょう。夏はたとえ曇っているときでも日中の洗車は避け、比較的涼しい夕方か朝に行ってください。

 
また、強風の日に洗車をすると路上の砂やらほこりやらが車にどんどん飛来して、傷になります。洗車は無風、もしくは弱風の日に遣るようにしましょう。

 

洗車の基本手順

洗車にはこれといって特別な道具は必要ありません。スポンジ、カーシャンプー、拭きとりようのウェスト水があれば十分です。

 
まずは水でボディについた砂埃などをすべて払ってしまいましょう。砂がボディについた状態のまま洗車を行うとその砂粒がボディに傷をつけてしまいますので、必ずすべて洗い流すようにしましょう。高圧洗浄機を使えば確実です。また、水は高いところから低いところに順にかけるのが基本です。

 
水で砂埃などを落としたら、濡れタオルでボディを拭き始めましょう。ボディを水で流しつつ、撫でるように拭いていってください。あまり強く力を入れ過ぎると洗車傷の原因となります。この際にも高いところから低いところへが基本となります。

 
水洗いが一通り終わったら、カーシャンプーを使います。スポンジにカーシャンプーをたくさん含ませてボディを洗っていきます。この際にもやはり上から下へが基本になります。まずはルーフから、次にドアやミラー周りと、順を追って洗っていくと効果的です。

 
また、ブラシは基本的に使わないようにしましょう。ボディに傷がつく原因となります。

 
洗車が終わったら、速やかにシャンプーを水で洗い流します。カーシャンプーが残ったまま車体が乾燥しますと、シミなどの原因となるので、必ずきれいに洗い流しましょう。夏場は乾燥しやすいので特に注意が必要です。

 
カーシャンプーを洗い流したら、タオルで水気を拭きとりましょう。水分は前述のイオンデポジットや水垢の原因となります。吹き取り作業も上から下へが基本です。

 
以上が基本的な洗車の方法となります。

 

洗車の応用手順編

洗車初心者のうちは上記の方法だけでも十分満足が行くかと思いますが、そのうちこのようなやり方では満足いかなくなり、もっと自動車をきれいにしたいという欲望が芽生えてくるかもしれません。そんなときはカーワックスやコーティング剤を使用するといいでしょう。仕上がりがより良くなります。

 
ワックスの特徴は艶や光沢が表現できること。特に黒系統の艶はワックスでなければ出せません。揮発性も強く拭きとり作業も楽なので、初心者を脱したばかりの人にはお勧めです。ただし、ワックスには塗装を守る能力はないので、直射日光や雨などの過酷な環境にある野ざらしの駐車場を利用している人には不向きかもしれません。

 
一方、コーティングの最大のメリットは自動車のボディを効果的に守ってくれることです。太陽の直射日光、大雨、強風、鳥の糞、子供のいたずら・・・コーティング剤はそうした数々のリスクからボディを守ってくれます。

 
また、コーティング剤はワックスと比べて長持ちなので、一度コーティングをしてしまえば、再度コーティングをするまでにそれなりの期間を置くことが出来ます。

 
一方、コーティング剤ではワックスほど艶や光沢を出すことが出来ません。また、中古車の場合にはコーティングが難しい場合があります。

 
どちらも一長一短なので、自分の車の状態やニーズと相談したうえで、ワックスをかけるか、コーティングをするかを選びましょう。

 

鉄粉の除去

cleaning_p03工場や鉄道が近くにある場所に長年車を止めていると、車のボディにざらざらとした砂のような粒が飛来してくることがあります。これがいわゆる「鉄粉」です。鉄粉は水やワックス、洗剤などで落とすのは困難で、また放置しておくと錆の原因になります。

 
鉄粉を除去する際には鉄粉除去スプレーが有効です。鉄粉除去スプレーは鉄粉を液状にする能力があるため、吹き付けてから水洗いするだけでどんどんと流れ出ていきます。スプレーなので車体を傷つける心配もありませんし、初心者でも簡単に扱うことが出来ます。ただ鉄粉除去スプレーはちょっと独特な匂いがするため、なるべく風通しのいい場所で作業をするようにしましょう。また、重度の鉄粉がある場合は鉄粉除去ねんどを使用しましょう。

 
鉄粉除去年ねんどを鉄粉の上に当てて滑らせるように磨くと、鉄粉を除去することが出来ます。こちらの方法は重度の鉄粉も取り除くことが出来ますが、傷がつくリスクも高いので、なるべく鉄粉がひどくなる前に鉄粉除去スプレーを使うことをお勧めします。

 

内装の掃除

外装が一通りきれいになったら、次は内装の掃除に入ります。といっても、内装は外装と違って水洗いもできませんし、普段の生活で特別気をつけることはありません。シートやカーペットなどのゴミがたまりやすい部分は定期的に掃除機をかけて、あとはダッシュボードの上などを軽く拭いてやれば問題ありません。

 
ただ、掃除機をかける時は必ずマット類は必ず取り外して、その裏側まで掃除するようにしましょう。マット類にほこりが入り込んでいることもありますので、車から十分に距離を取って叩き、きれいにしましょう。

 
シートに飲み物などをこぼしてしまった場合は、すぐに拭きとりましょう。拭ききれなかった汚れは家庭用のクリーナーを使いましょう。ただし、クリーナーの使い方を誤るとかえって汚れが広くなってしまうこともあるので、使い方には十分気をつけましょう。

 
以上のような方法を守れば、車の売却額もきっとあがるはずです。ただし、車を売る寸前になってからいろいろと慌てるというのはいかにも余裕がないですし、なによりふだんろくに手入れをしていないような車を、売却直前だけ必死になって磨いたって大した効果は得られません。

 
洗車の基本は毎週コツコツやることです。定期的にきれいにしておけば、売る直前に何か特別なことをする必要はありません。

 
ちなみに、車の売却方法には一般的な買取や下取りのほかに中古車オークションがあります。中古車オークションは実物を見ないで取引することも多いので、洗車は必要ないのではないかと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

 
中古車オークションには現車下見という制度があり、そこでバイヤーは自動車を自由に確認することが出来ます。現車下見の段階で入札を取りやめられないように、洗車はきちんとしておきましょう。繰り返しになりますが、毎週コツコツやっておけば、売る直前に慌てないで済みます。

Copyright カーオークション.JP all rights reserved.